健康情報局

おなかのトラブルと対処法 軟便・下痢

軟便・下痢
便の水分が異常に増え、液状またはそれに近い状態を「下痢便」、通常より少し軟らかい状態を「軟便」といいます。下痢便や軟便を繰り返し、腹部不快感や腹痛を伴う状態を「下痢もしくは下痢症」といいます。
理想的とされるバナナ状の便の水分量は70%~80%ですが、これが80%~90%になると「軟便」、水分量が90%を超えると水様便となり「下痢便」の状態になります。

軟便・下痢の症状

症状をチェック

ポイント

  • 下痢・軟便の症状にはさまざまあります。発熱や血便がないことを確認しましょう。

「下痢・軟便」といっても、その状態や症状はさまざまです。下痢便の状態や色を観察したり、下痢以外の症状を確認することが重要です。
原因と症状によって、下痢の対処法は異なってきます。原因がわからない場合は、症状によって下痢の対処法が異なりますので、症状をよくチェックしてください。

便の状態を観察して、症状をチェックしてください

□ 便の色はいつもと同じ、液状またはペースト状態
日常的に起こりがちな冷え、ストレス、食あたり、水あたり、消化不良などによる下痢です。市販の下痢止め薬を服用することをおすすめします。
□ 便に血が混じっている
ほとんどが大腸の病気による出血で、大腸の炎症や潰瘍による疾患の可能性があります。痔が原因による出血もあります。また、赤痢、O-157などの感染による重篤な食中毒の疑いもあります。医療機関での受診が必要です。
□ 便が黒っぽい
食道、胃や十二指腸など上部消化管での出血があると、黒っぽいタール便になります。胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの可能性が考えられますので医療機関での受診が必要です。
□ 便に粘液が混じっている
下痢の時は腸の粘膜が傷んでいるので、粘液が混じってくることがよくありますので、食あたり、水あたり、消化不良・冷え・ストレスによる下痢と考えられます。
しかし、粘液の量が多い、粘液便が続く、血液が混じっている場合には医療機関で受診してください。
□ 便が白い液状
米のとぎ汁状の下痢はコレラ特有の症状です。また、乳幼児での白色の下痢はロタウイルスによる可能性があります。医療機関で受診してください。
□ 吐き気・嘔吐がある
食あたりの場合には、吐き気・嘔吐を伴う症状もあります。重篤な症状でなければ、まずは市販の下痢止め薬を服用することをおすすめします。
□ 発熱がある
重篤な食中毒による下痢の可能性があります。医療機関で受診してください。
□ 発疹が出ている
アレルギーによる下痢の可能性があります。原因となる食べ物は控えてください。
□ 下痢止め薬を4~5日服用しても改善しない
下痢止め薬を服用しても改善しない場合は、器質的な疾患の可能性があります。医療機関で診察してください。
腹痛
軟便・下痢
便秘
おなかの張り
このページをシェア: twitter facebook
 

製品情報

ラッパ整腸薬BF

学術情報

企業情報

IR情報

おなかの悩み相談室

これからの衛生管理

よくあるご質問

資料室

製品情報(効能・用法・使用上の注意をよく読んでご利用ください)

正露丸

[第2類医薬品]正露丸

セイロガン糖衣A

[第2類医薬品]セイロガン糖衣A

正露丸クイックC

[第2類医薬品]正露丸クイックC

ピシャット下痢止めOD錠

[指定第2類医薬品]ピシャット下痢止めOD錠

ラッパ整腸薬BF

[指定医薬部外品]ラッパ整腸薬BF