ラッパ整腸薬BF ブランドサイト
- おなかに効くヨガにチャレンジ! -

おなかに効くヨガにチャレンジ

ヨガを始める前に

[ヨガの基本1]

ヨガでは「呼吸」と「心」と「身体」を一体のものととらえます。このバランスを整えるには腹式呼吸を行います。
まず、濁った水を捨てるイメージで、口からゆっくり息を吐きおなかをへこませます。
次に、新しい水を注ぎ込むイメージで、おなかを膨らませて鼻で息を吸いましょう。

[ヨガの基本2]

ヨガの合間と最後には、必ず「くつろぎのポーズ」で体をゆるめ、全身をリラックスさせます。
温泉につかっているとかハンモックに揺られているなど、自分にとって心地よいことを想像したり、“肩が脱力した”とか“腕がリラックスしてきた”など体の各パーツが楽になったことをイメージしたりすると、効果的にリラックスできます。眉間や口の周りなど、顔のリラックスも忘れずに。動き始める時は、まず手先や足先からほぐし始め、伸びをしてからゆっくりと動き出しましょう。

くつろぎのポーズ

仰向けに寝て、手の平を上向きにして両足と両脇は自然に開きます。両手をこぶしに握り一瞬全身にギュッと力を入れたら、すぐに息を吐きながら全身の力を抜き、リラックスします。3分位が目安です。

効果:自律神経の調整、筋肉痛などの軽減
くつろぎのポーズ

もっとチャレンジしたい方に、
おなかに効果的なポーズを紹介します

このページをシェア: twitter facebook

製品情報

ラッパ整腸薬BF

学術情報

企業情報

IR情報

おなかの悩み相談室

これからの衛生管理

よくあるご質問

資料室