ラッパ整腸薬BF ブランドサイト
- おなかのガスについて -

みんなガスに悩んでる ~リサーチ報告~

「おなかにガスがたまってすっきりしない。こんな悩みを抱えているのは私だけ?」そんなふうに考えていませんか?
20代~50代の男性・女性に、「おなかのハリ」や「ガス」などおなかの不快感についてアンケートを実施。誰にも言えないおなかの悩みの実態をご紹介します。

おなかの「ハリ」、「ガス」を自覚する頻度は?

男女全体

男女・年齢別

大幸薬品調べ:首都圏 20~59才の男女 1021名
半数近くの人に、「おなかのハリ」や「ガス」等によるおなかの不快感を、「ほぼ毎日」「週に1度くらいは」自覚があることがわかりました。
特に20代~30代の女性の2割以上が、ほぼ毎日「おなかのハリ」や「ガス」等による不快感を感じているという結果でした。

おなかの不快感が日常的にあると答えた人の中から、さらに具体的に辛い症状をリサーチ。
その結果、年代や性別によって悩みのポイントに違いがあることが分かりました。

さまざまなおなかの不快感のうち、特につらい症状は?

      
大幸薬品調べ:首都圏 20~59才の男女 各300名
男性では、どの年代でも共通して「おなかのガス」に大きな悩みを持っている人が多く見られます。30代以上女性でも、「おなかのガス」が悩みの種に。
20代女性は、特に他の年代とは違った傾向を示し、「おなかのハリ」と「便秘」を最も辛いと思っている人が多いことが分かりました。

おなかの「ハリ」や「ガス」の症状により、どんなことに困っていますか?

      
大幸薬品調べ:首都圏 20~59才の男女 各300名
おなかの「ハリ」「ガス」に悩む人の中には、「症状が出ても、そう何度もトイレに行けない」「トイレに行くのを我慢することで症状が重くなることがある」「おなかのハリが気になってイライラする」と精神的な悩みを訴える人が少なくないことが分かりました。

おなかの「ハリ」、「ガス」に必要なことは・・・

      

これまで見てきたリサーチの結果でわかったことは、意外と「おなかのガスによる不快感に悩む人が多かった」ということ。そしてその悩みは、毎日の生活で、体だけでなく精神的な負担となっているということです。

おなかの「ハリ」「ガス」といった不快感は、偏った食生活やストレスなど、現代人にとって避けられないことが原因のひとつであることがわかっています。 症状が出た時に「すぐに改善できる手段」を持っていることで、精神面での悩みを軽くすることができるのではないでしょうか。

ラッパ整腸薬BFは、コンビニでも販売中!!

コンビニで手軽に買えるから、
出先で急に症状が出た時も便利。

このページをシェア: twitter facebook

製品情報

ラッパ整腸薬BF

学術情報

企業情報

IR情報

おなかの悩み相談室

これからの衛生管理

よくあるご質問

資料室