日局ゲンノショウコ末

日局ゲンノショウコ末

ゲンノショウコ(現の証拠)

原植物名 ゲンノショウコ Geranium Thunbergii

フウロソウ科のゲンノショウコの地上部を乾燥し粉末にしたもので、タンニンを含み、健胃整腸薬として多くの胃腸薬に配合されています。


フウロソウ科のゲンノショウコ

フウロソウ科のゲンノショウコ
性状 味は渋い
成分 タンニン(geraniin,quercetin,kaempferitrinなど)が葉に約20%、全草に約5%
薬理 止瀉作用、大腸蠕動運動抑制作用、腸管収縮抑制作用、他
適用 主に整腸薬として用いられる。
一口メモ ゲンノショウコは、飲み過ぎても便秘になることが少ない優れた健胃整腸剤で、日本の代表的な民間薬の一つです。このゲンノショウコを配合することによって、ラッパのマーク 大幸薬品の「セイロガン糖衣A」の効き目をより確かなものにしています。煎剤として服用の時は、主要な成分であるタンニン類が十分抽出されるように時間をかけて煎じる必要があります。中国のゲンノショウコの仲間である老鸛草は、全草をリューマチ、筋骨増強、解熱などに用い、日本のゲンノショウコとは別の目的で使われます。
閉じる