社内弁護士森田の訴訟奮戦記ブログ

このブログでは、大幸薬品の社内弁護士である森田が、「セイロガン糖衣A」ブランドを守るために行っている活動やブランドへの「思い」をお届けします。

取り調べの可視化

2014年7月16日

今回は、刑事事件の被疑者等に対する取り調べの可視化について、書いていきます。

先日、法務大臣の諮問機関である法制審議会特別部会が、一部の刑事事件(裁判員裁判対象事件と検察官が独自に捜査する事件)において、取り調べの全過程を録音・録画(可視化)するよう義務付けることを決定しました。

この部会での決定内容は最終的には法務大臣に提出され、これを受け法務省はこの決定に沿うよう関係法令の改正作業を行い、早ければ来年の通常国会に法案を提出する予定とのことです。

ここで「取り調べの可視化」の意義を理解していただくために、これまでの取り調べはどのように行われていたか、そしてその問題点について述べていきます。

これまでの警察による取り調べは、テレビドラマ等でよく見られるように、1人の被疑者に対して、取り調べ室という密室で、1人ないし複数名の警察官により行われてきました。

この取り調べに対しては、ほとんどのケースが弁護人の立ち会いもなく、また録音、録画もなされなかったことから、この取り調べ室の中で、どういったやり取りがなされていたかを裁判官や弁護人が正確に把握することは非常に困難でした。

唯一の手がかりとなるのは、警察官等による作成される「供述調書」という書面で、これは取り調べの結果、被疑者等が供述した内容を警察官等がまとめた書面で、この書面には被疑者等の拇印等が押印されます。

ただ、この書面は警察官等捜査担当者による作成されるため、必ずしも被疑者の意に沿わない内容になっていたり、酷い場合には、長時間の取り調べに耐えかねた被疑者が捜査担当者による全くの作文である供述調書に拇印を押すということも行われたりしました。

つまりは無実の人が有罪になる冤罪の温床ともなっていたのです。

そのため、日本弁護士連合会も、取り調べの可視化、つまりは取り調べの過程を録音、録画することで可視化し、被疑者が罪を認めている場合でも、警察官による誘導や脅迫等がなく、本人の任意の意思で行われたものなのか等を明らかにするよう求めていました。

そして今回、上記部会における約3年間の議論を経て、一部の刑事事件だけではありますが、取り調べの全過程を可視化することが決定されたのです。


ところで、話は変わりますが、7月8日、最高裁は、京都府舞鶴市で2008年に発生した高校1年生の女子生徒に対する殺人事件で、殺人罪等に問われた被告人に対する検察側の上告を棄却する決定を出しました。

この事件では、被告人が女子生徒を殺害したことを示す直接的な証拠はなく、被告人の供述と第三者の目撃証言が、被告人を殺人罪に問うための主な証拠でした。

第1審では検察の主張が認められ、被告人は有罪になりましたが、第2審の高裁では無罪が言い渡され、これを不服とした検察側が最高裁に上告していましたが、結局最高裁も高裁と同様、検察側の主張を退け、被告人を無罪としたのです。

この判断の分かれ目となったのが、被告人の供述と第三者の目撃証言がどこまで信用できるのかという点だったのですが、報道によれば、最高裁は、被告人の供述について、「取調官の示唆や誘導を受けて供述した可能性がある」と指摘。目撃証言についても「警察の情報に影響された可能性がある」として、警察による誘導の可能性を指摘しました。

この決定を受け、一部の報道機関は、本事件は、取り調べの可視化の重要性が改めて示された事件となった、と報じています。

確かに、取り調べの可視化が実現していれば、被告人の供述の信用性について、第1審と第2審・最高裁で結論が別れるような事態は避けられ、被害者側にとっても、被告人にとっても不幸な今回の結末は避けられたのかもしれません。

このような事態を招かないためには何よりも早期の真相究明が大事だと思いますし、今回の取り調べの可視化の決定はその方向性に沿うものではあります。

今回の部会では、取り調べの可視化の他に、被疑者が他の共犯者や黒幕の犯行を供述する等捜査に協力すれば、その被疑者を不起訴にする司法取引制度の導入や、すでに薬物犯罪等で導入されていた通信傍受を殺人や窃盗、詐欺事件にまで拡大する等注目すべき制度の導入が決定されています。これらも真相究明に沿うものです。

一方で、司法制度の導入や通信傍受の拡大は、悪意を持った被疑者が、起訴を免れるために何の関係もない第三者を被疑者に仕立て上げる危険や、通信傍受により事件と関係のない電話やメールのやり取りも記録され、我々のプライバシー等が侵害される危険も生じさせます。

それを防ぐためにも、取り調べの可視化や司法取引制度等が正式導入された際には、警察や検察がその権力を乱用して我々の権利や平穏な生活を侵害することのないよう、しっかり監視していくことが重要であると思います。

[カテゴリー:]

< 集団的自衛権 記事一覧 DNA検査か、民法か >

y[Wgbv